このページを・・・

インテリアコーディネーターってなに?

服や髪型の好みが一人一人違うように部屋の雰囲気や家具の好みも様々です。
西欧のお城風にしたいとか、カントリー風、またはアジアン風にしたいなど、お部屋をすてきに飾りたいですよね。

インテリアコーディネーターを直訳すると、インテリア=家具や照明などの室内装飾品、広い意味では飾られた室内空間。
コーディネーター=色々な要素を調整、統合して総合的に一つにまとめ上げる者のこと、とあります。
つまり屋内の空間を調和させる者です。

近年消費者の求めるものがハイレベルになりライフスタイルも様々で、そういった消費者のニーズに応えるべく日々インテリアコーディネーターが生活空間をプロデュースしています。
ただ単に家具や照明等をお客様の好みに沿って配置すればいいといった簡単なお仕事ではありません。
インテリア商品はもちろん、家具や床の特性を理解し、そして建築に関して広い知識や表現力、アイディア力も必要になります。
見積り、現場管理も自分で行わければなりませんし、建築士や現場監督、お客様とのパイプ役でもあるので、人間関係が非常に大事な職業です。

インテリアコーディネーターというとかっこよくて素敵で華やかなイメージがありますが、実際はとてもハードでスキルが必要になるお仕事です。
インテリアに対する知識、パースの技法、建築に関する住宅構造の理解など、幅広い知識が必要な為、独学で行うのは難しいでしょう。
必ずしも資格をもっていないといけないという職業ではありませんが、資格を取得してまず損はありません。
そして就職や転職、ひいてはクライアント獲得、高収入への近道です。
求人する会社や企業、クライアントはまずは資格を所有しているとうことで信頼をする為、資格取得は必須といっても過言ではないでしょう。
ただし資格を取得したからといってすぐに就職にはつながるわけではありません。
資格取得もしつつ、建築関連、住宅構造、CAD、パースなどの勉強も必要になります。

現在は資格取得の為の学校や通信講座など多様にありますので、自分にあった方法で資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

話題の学校、ココが手軽で便利です

Copyright (C)2014インテリアコーディネーターになるには?.All rights reserved.